LLM-RAGアプリケーション100個を分析して明らかになった「14の欠陥パターン」

本記事では、LLMとRAGのソフトウェア...
Read More

エージェントなしで行うLLMによるソフトウェアのバグ修正手法

本記事では、ソフトウェア開発におけるバグ...
Read More

心の理論をLLMエージェントに実装することの効果

本記事では、LLMマルチエージェントにお...
Read More

競争環境でのLLMエージェントが自発的に協力し始める現象を観測

本記事では、LLMエージェントが競争環境...
Read More

NVIDIAが教えるRAGチャットボット実装の重要ポイント

本記事では、NVIDIAによるRAGベー...
Read More

複数LLM協調アプローチ「マージング」「アンサンブル」「協力」について

本記事では、LLM間の協調戦略に関する研...
Read More

10億人のペルソナ(人物像)で多様な合成データを作成するための技術

本記事ではペルソナ駆動型データ合成手法を...
Read More

LLMの価値観は一貫しているのか?

本記事では、LLMにおける「価値観の一貫...
Read More

LLMに量子化が与える影響とは?日本語を含む多言語でCohereが調査

本記事では、量子化がLLMに与える影響を...
Read More

ニュース

特定の個人の好みやニーズに最も適したレスポンスや行動を行うLLMを開発する手法、『Personalized Soups(意訳:ぼくだけのためのスープ)』が開発されました。
「DALL-E 3はどうしてユーザーの意図を正確に汲み取ることができるのか?」に対するOpenAIの論文が発表されました。
電気回路図などの図表をテキストのみから生み出すLLM駆動のフレームワーク『DiagrammerGPT(ダイアグラマーGPT)』が登場しました。
GPT-4との対話でタスクプランニングを行うロボットシステムフレームワークが発明されました。
GPT-4などLLMのコード生成能力にデバッグ機能を追加する『SELF-DEBUGGING(セルフデバッギング)』フレームワークが考案されました。
LLMがソフトウェアエンジリアリングにおいて現時点で役に立つこと&課題。Metaなどの研究者らが報告
OpenAIは、DALL·E 3の論文を通して「画像生成AIの安全性は前進した」ことを報告しています。
【最新版】社会人が人工知能(AI)を勉強できる大学講座一覧

業界/カテゴリー

PAGE TOP