クボタ社「農作業車のためのコスパに優れた障害物検出AIシステム」で特許出願!

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! ログインの上、マイページをご覧ください。

★企業と人材のマッチングサービスを準備中です。アンケートのご協力をお願いいたします!↓

関連記事:車いす移動はまだまだハイテクになれる。障害物検知の技術に刮目せよ(AI×社会)【論文】

低コストで農作業車が自動運転を可能に

株式会社クボタは、農作業車のためのコストパフォーマンスに優れた障害物検出システムを発明しました。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

背景

従来、圃場における障害物が存在する領域を推定する画像認識モジュールを備えた収穫機が開発されており、この画像認識モジュールには深層学習を採用したニューラルネットワーク技術が用いられています。

しかし、このようなニューラルネットワークでは走行前方を撮影視野とする大きな画像サイズの撮影画像が入力画像として用いられており、小さい被写体を検出するためには演算回数が大きくなるため、短時間で障害物を検出するためには高価格な高性能ユニットが必要でした。

そこで株式会社クボタは、農作業車のためのコストパフォーマンスに優れた障害物検出システムを発明しました。

テクノロジー

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。
アカウントの作成は無料ですが、記事の閲覧は有料の場合があります。



※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP