「AIで加熱物が沸騰しているか判断するシステム」が特許出願!

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

関連記事:工場の火災をAIで予測!?安全・品質管理AIの研究事例【週刊】

調理時の火災を事前に防ぐ!

韓国企業は、調理機器の中身が沸騰しているか判断するAIシステムを発明しました。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

背景

近年は、人工知能を利用して周辺の状況を認知し学習することで、ユーザーが必要な情報を適切な形で提供したり、ユーザーがしたい動作の補助を行う技術が活発に研究されています。

調理の場面において、水を沸騰させる場合には、内容物の吹きこぼれ等により火災につながる可能性があるため、人が継続的に水の状態を確認する必要がありました。

そこで韓国企業は、調理機器の中身が沸騰しているか判断するAIシステムを発明しました。

テクノロジー

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP