包括的なRAG評価ベンチマーク『CRAG』Metaなどが開発

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! ログインの上、マイページをご覧ください。

★企業と人材のマッチングサービスを準備中です。アンケートのご協力をお願いいたします!↓

Metaなどの研究者らは、RAGシステムが多様な質問応答タスクにどの程度正確に対応できるかを評価するためのベンチマーク『CRAG』を作りました。
データマイニングや知識発見の分野で毎年開催される有名な国際コンペティションKDD Cup 2024で使用されています。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

参照論文情報

  • タイトル:CRAG — Comprehensive RAG Benchmark
  • 著者:Xiao Yang, Kai Sun, Hao Xin, Yushi Sun, Nikita Bhalla, Xiangsen Chen, Sajal Choudhary, Rongze Daniel Gui, Ziran Will Jiang, Ziyu Jiang, Lingkun Kong, Brian Moran, Jiaqi Wang, Yifan Ethan Xu, An Yan, Chenyu Yang, Eting Yuan, Hanwen Zha, Nan Tang, Lei Chen, Nicolas Scheffer, Yue Liu, Nirav Shah, Rakesh Wanga, Anuj Kumar, Wen-tau Yih, Xin Luna Dong
  • 所属:Meta Reality Labs, FAIR Meta, HKUST, HKUST (GZ)

背景

LLMは事実に基づかない回答を生成してしまうことがある問題が指摘されています。例えばGPT-4を用いた実験では、急速に変化する事実に関する質問の正答率が15%以下であったことが報告されています。また、静的な事実であっても、マイナーな知識に関する質問の正答率は35%以下だったと言います。そのため、幻覚的な回答を行わず、信頼性の高い質問応答システムを構築することが急務となっています。

この問題を解決するアプローチの1つとして、検索拡張生成(RAG:Retrieval-Augmented Generation)が注目を集めています。RAGは、質問に対して外部のソースから関連情報を検索し、その情報を活用して回答を生成する手法です。しかし、RAGにも下記のような課題が残されています。

  • 関連情報の選択精度を向上させる
  • 質問応答の遅延時間の削減する
  • 複雑な質問に答える

これまでのところ、RAGの包括的なベンチマークが存在しませんでした。通常の質問応答のベンチマークは、RAGが直面している課題をカバーしていません。また、LLMやRAGの特定の能力にのみ焦点を当て、数百程度のクエリしか含んでいないものもあります。

そこで今回研究者らは、RAGの研究開発を推進するための包括的なベンチマーク「CRAG」を構築しました。現実のユースケースを最もよく反映し、一般的なユースケースだけでなく複雑で高度なユースケースも含み、さまざまなタイプの課題で評価できるとされています。

当サイトの利用にはAIDBのアカウントが必要です。
また記事の購読には、アカウント作成後の決済が必要です。



※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

AIDBとは
プレミアム会員(記事の購読)について







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP