特定の個人の好みやニーズに最も適したレスポンスや行動を行うLLMを開発する手法、『Personalized Soups(意訳:ぼくだけのためのスープ)』が開発されました。

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

RLHF(人間のフィードバックによる強化学習)を個人に適用することで実現します。

ワシントン大学やカリフォルニア大学などの研究者らによる報告です。

@ Joel Jang et al., “Personalized Soups: Personalized Large Language Model Alignment via Post-hoc Parameter Merging”


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

RLHFは、一般的な人間の好みに合わせてLLMを調整するために、極めて有望な手法として知られています。
しかし、個人に特化する用途では最適ではありませんでした。

そこで研究者らは「個人のフィードバックからの強化学習(RLPHF)」フレームワークを提案しています。

※本稿は論文の簡単な紹介記事です。

RLPHFフレームワークの概要

フレームワークの概要は以下のとおりです。

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP