LLMと遺伝的アルゴリズムを使用して、個性によって社会集団の行動がどのように変化していくのかを観察する挑戦的な研究が行われました。

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

人間の意図、好みなど、高次の心理や認知特性を反映させることに成功しています。

名古屋大学の研究者らによる発表です。

@ Reiji Suzuki and Takaya Arita, “An evolutionary model of personality traits related to cooperative behavior using a large language model”


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

社会集団の行動変化シミュレーションは、様々な用途で有益です。
現在は主に進化ゲーム理論に基づいていますが、人間の高次心理的または認知的特性を直接扱うのは困難だとされてきました。

そこで研究者らはLLMを使用して人格特性を含めたシミュレーションモデルを構築しました。

※本記事は研究の概要を手早く把握するためのカジュアルな紹介記事です。

シミュレーションモデルのフレームワーク

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP