LLMがソフトウェアエンジリアリングにおいて現時点で役に立つこと&課題。Metaなどの研究者らが報告

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

LLMがソフトウェアエンジリアリングにおいて現時点で役に立つこと&課題をまとめた報告が行われました。

伝統的なSE技術とLLMとのハイブリッドアプローチが効果的と結論づけられています。

Metaなどの研究者らによる発表です。

@ Angela Fan et al., “Large Language Models for Software Engineering: Survey and Open Problems


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

ソフトウェアエンジニアリングは自動化と効率化が求められており、LLMの応用に期待が集まっています。
しかし、本分野におけるLLMの能力やリスクに関する知見は整理されていません。

そこで研究者らは、本分野における複数のタスクにおけるLLMのできることと障壁を網羅的に調査しました。

本稿は論文の簡単な紹介記事です。

調査結果

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP