NASA科学者がIoTについて語る

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! ログインの上、マイページをご覧ください。

★企業と人材のマッチングサービスを準備中です。アンケートのご協力をお願いいたします!↓

NASAのジェット推進研究所(JPL)のデータサイエンティスト Lewis McGibbney博士が、IoTデータとセマンティック・スタンダードについて語ってくれた。

IoTとは?それは人によって様々な意味を持つ。例えば新規事業部門の人間だったら、IoTは収益を伸ばすための一つのチャンスだとみなしていると思う。

とは言っても、状況や業界に関係なく、「物事がどのようにつながっているか」「本質的に相互につながるということ」を理解するという観点は存在すると思う。

「我々は「高次元」「高解像度」の理解を実現するために、IoTが使えると思っていますよ 」

と、Lewis McGibbney博士(NASA JPL データサイエンティスト)は言った。

「 IoTを介したビッグデータの出現により、新たな可能性が開かれたのです」

彼によると、現状の情報ストリーミングの精度は、2つの方法で改善できる。

  • 1つ目 自動化された認知分析
  • 2つ目 標準データモデルから作成されたコンポジット

正しいアプローチをとれば、IoT戦略はこれから価値が指数関数的に増加する。大量のデータを処理するのもずっと容易になる。

標準化されたモデル

当サイトの利用にはAIDBのアカウントが必要です。
また記事の購読には、アカウント作成後の決済が必要です。



※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

AIDBとは
プレミアム会員(記事の購読)について


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓


■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP