機械学習を活用して、生きたまま牛肉の品質を測る(AI×食品)【論文】

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! ログインの上、マイページをご覧ください。

★企業と人材のマッチングサービスを準備中です。アンケートのご協力をお願いいたします!↓

食肉として出荷できそうな牛を見極める

食用の牛は、出荷に値するほど成長したと判断されたら屠殺される。このように牛の成長度合いを評価し、屠殺する個体を決定するプロセスは、視覚的な分析によって可能になってきた。

近年、食肉処理場で徐々に使用されるようになってきているビデオイメージング分析(VIA)では、かなりの精度で食用牛のグレードを測ることができる。今後は、3Dイメージングを使用し、家畜が生きたままの状態で最適な屠殺時期を予測することもできるようになるだろう。

食肉処理場でこうした技術を用いることで、出荷の要求水準に達していない牛を無駄に屠殺するしてしまうリスクを下げることができる。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

スコットランドにあるScotland’s Rural CollegeのMillerら研究者は、こうした状況に着目し、3Dイメージング技術と機械学習アルゴリズム(人工ニューラルネットワーク)を使用し、生きた食用牛の体重(LW)を予測し、肉の品質を特定を試みた。

結果はどうだったのだろうか。

牛の体重と品質をAIで予測

Millerらの研究の「ミッション・手法・結果」は以下の通りだ。

当サイトの利用にはAIDBのアカウントが必要です。
また記事の購読には、アカウント作成後の決済が必要です。



※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

AIDBとは
プレミアム会員(記事の購読)について







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP