GPTがクラウドに住んで「AIモデルを選択する」自律的エッジAIシステムが登場

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! ログインの上、マイページをご覧ください。

★企業と人材のマッチングサービスを準備中です。アンケートのご協力をお願いいたします!↓

Microsoftなどの研究グループが開発した、AIが自分で考えて最適な解決策を見つけ出す新たなエッジAIシステムについて紹介します。このシステムは、ユーザーの要求を自動的に理解し、適切なAIモデルを選択し、最適化します。また、新たなAIモデルを訓練するためのコードを自動的に生成します。

参照論文情報

  • タイトル:Large Language Models Empowered Autonomous Edge AI for Connected Intelligence
  • 著者:Yifei Shen, Jiawei Shao, Xinjie Zhang, Zehong Lin, Hao Pan, Dongsheng Li, Jun Zhang, Khaled B. Letaief
  • 所属:Microsoftなど
  • URL:https://doi.org/10.48550/arXiv.2307.02779


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

関連研究

エッジAIとは何か?

エッジAIとは、データを生成するデバイス(エッジ)上でAI処理を行う技術のことを指します。これにより、データの送受信にかかる時間やコストを削減し、プライバシーを保護することが可能になります。エッジAIは、自動運転車、バーチャルアシスタント、ヘルスケア、金融など、多くのアプリケーションや産業にAIを広く導入しています。

現状のエッジAIの課題

しかし、現在のエッジAIは、ユーザーの多様な要求に対応するために自動的に組織化、適応、最適化する能力が不足しています。特定のユーザー要求に対応するためには、さまざまなベンダーからのセンサーとAIモデルが個別に協力する必要があります。これには人間の専門家が必要で、時間とコストがかかります。

新たなエッジAIシステムの提案

Microsoftなどの研究グループは、大規模言語モデルGPTを活用した自律的なエッジAIシステムを提案しました。このシステムは、ユーザーの要求を自動的に理解し、適切なAIモデルを選択し、最適化します。また、新たなAIモデルを訓練するためのコードを自動的に生成します。






システムの仕組み

当サイトの利用にはAIDBのアカウントが必要です。
また記事の購読には、アカウント作成後の決済が必要です。



※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

AIDBとは
プレミアム会員(記事の購読)について


■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP