ロボットと人間のコミュニケーションを通じた「シンボルグラウンディング」に成功【AI×ロボット】(論文解説)

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! ログインの上、マイページをご覧ください。

★企業と人材のマッチングサービスを準備中です。アンケートのご協力をお願いいたします!↓

自然言語理解の壁

人間が自然言語でロボットとコミュニケーションできるようにするには、言葉と概念のつながりが必要です。これらの繋がりを作成するプロセスはシンボルグラウンディングと呼ばれ、30年近く研究されてきました。

グラウンディングに関する研究が多く行われていますが、類義語などの言葉の曖昧さを考慮したものは少ないです。さらに、多くのアルゴリズムがオフラインでのみ、もしくは教師ありの手法でしか機能しません。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

今回はそんな課題に取り組む、ブリュッセル自由大学 Oliver Roeslerの研究を紹介したいと思います。

Oliver Roeslerは、人間とロボットのインタラクションで得られるデータをオンラインで扱えるようにするため、交差状況学習(CSL)によるオンライングラウンディングフレームワークを検討しました。

▼論文情報

著者:Oliver Roesler
タイトル:”Unsupervised Online Grounding of Natural Language during Human-Robot Interactions”
URL:DOI

自然言語の教師なしオンライングラウンティング

まずはOliver Roeslerの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

当サイトの利用にはAIDBのアカウントが必要です。
また記事の購読には、アカウント作成後の決済が必要です。



※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

AIDBとは
プレミアム会員(記事の購読)について







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP