Metaの研究者ら「GPT-4をきびしくサポートする」AIのShepherd(シェパード)開発

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

この記事では、Metaの研究である「Shepherd」について紹介します。Shepherdは、GPT-4などテキスト生成AIに対する批評家として機能するモデルです。この記事では、Shepherdの全体的な概要、技術的な側面、有効性の検証、議論、そしてその意義について紹介します。

参照論文情報


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

関連研究

Shepherdとは何か?:モデルの概要と目的

Shepherdは、GPT-4などテキスト生成AIに対する批評家として機能するモデルです。特定の問題を指摘し、改善のための具体的な提案を行うことができます。

このモデルは、事実の正確性、論理的な誤り、一貫性、整合性などの特定の問題を特定し、深いドメイン知識から具体的な改善案を提供することができます。

Shepherdのフィードバックイメージ





モデル開発の背景

大規模言語モデルが進化するにつれて、自己改善の技術への関心が高まっています。ロバストな批評モデルを構築し、より広い範囲のドメインでフィードバックを提供する仕組みの構築が求められるようになりました。そんな中で、Shepherdは、LLMがしばしば生成する「誤った、信頼性のない、非一貫な出力」を批評し、改善するために作られました。

Shepherdの機能と性能

Shepherdは、有用なフィードバックを提供する能力を持っています。全体的な判断や一般的な提案だけでなく、具体的なアイデアも提供します。

複数の下流タスクでChatGPT(OpenAI, 2022)モデルを上回る印象的な結果を示しています。コミュニティフィードバックと人間による注釈付きフィードバックの影響の詳細な検査で、Shepherdの効果が確認されています。

Shepherdの技術面

データ収集

Shepherdの訓練データは、以下から収集されました。

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP