人間の思考や感情、それらが行動にどう結びつくかを理解し予測するAI「FutureNet」をMITの研究グループが開発

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! ログインの上、マイページをご覧ください。

★企業と人材のマッチングサービスを準備中です。アンケートのご協力をお願いいたします!↓

私たちが物体を見るとき、脳はその物体が何であるかを理解し、それに基づいて次に何をするべきかを決定します。また、その物体が動いている場合、脳はその物体が次にどこに移動するかを予測します。
このような脳の働きをAIが学習し、模倣することができれば、どんな可能性が広がるでしょうか? 今回は、MITの研究グループが開発した新しいAI「FutureNet」について紹介します。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

参照論文情報

  • タイトル:Neural Foundations of Mental Simulation: Future Prediction of Latent Representations on Dynamic Scenes
  • 著者:Aran Nayebi, Rishi Rajalingham, Mehrdad Jazayeri, Guangyu Robert Yang
  • URL:https://arxiv.org/abs/2305.11772

目次

FutureNetとは何か

FutureNetは、人間の思考や感情、そしてそれらが行動にどう結びつくかを理解し予測するAIです。MITの研究グループが開発したこのAIは、人間の脳が物体を認識し、その物体が次にどこに移動するかを予測する能力を学習し、模倣することを目指しています。
これは、人間が周囲の環境をどのように理解し、自身の行動の結果をどのように予測するかを理解するための重要なステップです。

ロボットや自動運転車などへの応用にも期待

FutureNetの能力は、ロボットや自動運転車などの技術開発に大いに役立つと考えられます。これらの技術は、周囲の環境を理解し、適切な行動を予測する能力が求められます。FutureNetが提供する「脳の反応と行動を予測する能力」は、これらの技術をさらに進化させる可能性を秘めています。

FutureNetの限界と可能性

人間の脳は非常に複雑で、その働きを完全に理解することは現在の科学ではまだ困難です。FutureNetもまた、その完全な理解と模倣はまだ達成していません。しかし、このAIの開発は、人間の脳の理解とその模倣に向けた一歩と言えるでしょう。今後の研究と開発により、FutureNetの能力はさらに向上し、人間の思考や感情、行動の予測に更なる進歩をもたらすことが期待されます。

モデルの事前学習と評価パイプライン(自然環境の未来の状態を予測するために事前学習されたモデルと、人間の行動判断と霊長類の神経生理学的反応動態との比較)





動画を見て学習するAI

FutureNetの開発報告において、研究者らはAIが動画を見て学習することの重要性を強調しています。その理由は次の通りです。

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。
アカウントの作成は無料ですが、記事の閲覧は有料の場合があります。



※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。


■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP