AudioGPT:音声認識から歌声合成まで

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

ChatGPTは、今度は音声の領域に足を踏み入れようとしています。その名も「AudioGPT」。本記事では、この新たな技術がどのように音声認識や歌声合成に取り組むのかを解説します。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

参照論文情報

  • タイトル:AudioGPT: Understanding and Generating Speech, Music, Sound, and Talking Head
  • 著者:Rongjie Huang, Mingze Li, Dongchao Yang, Jiatong Shi, Xuankai Chang, Zhenhui Ye, Yuning Wu, Zhiqing Hong, Jiawei Huang, Jinglin Liu, Yi Ren, Zhou Zhao, Shinji Watanabe
  • URL:https://doi.org/10.48550/arXiv.2304.12995

目次

AudioGPTとは:新たなる音の領域へ

概要

AudioGPTはGPTの音声版として登場し、我々の認識を大きく変える可能性を秘めています。これまでのGPTはテキストの世界を中心に活躍してきましたが、AudioGPTは、音声認識から歌声合成まで、音の世界に深く踏み込むことを可能にします。

音声というメディアは、情報伝達の一方通行ではなく、感情やニュアンスを豊かに伝える手段でもあります。その点で、AudioGPTはテキストベースのAIとは一線を画し、より人間らしいコミュニケーションの形を追求します。

図3:人間とAudioGPT間の複数ラウンドの対話に対する定性的な分析





一方で、音声データはその性質上、テキストデータよりも複雑であり、それを理解し処理するための技術は高度なものが求められます。しかし、AudioGPTの開発背景には、OpenAIの持つ深層学習の最新技術と大量のデータセットへのアクセスがあり、これにより、従来のテキストベースのAIが抱える困難を克服することが可能となりました。

仕組み

AudioGPTの中核となるのは、音声タスクを処理するための一連のプロセスです。その全体像を理解するためには、以下の4つの主要なステップを把握することが重要です。

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP