SkinGPT:大規模言語モデルがビジョンベースで診断を下す皮膚科ツール 概要から仕組みまで

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

いつものように鏡を見ていると、顔に見慣れない斑点が…。「これは一体何?」と皮膚科への予約を考える。でも待ち時間が長いし、それに混んでいるクリニックに行くのはちょっと…。そんなときに役立つAIツールが開発されています。その名も「SkinGPT」。それでは一緒にこの革新的なツールを見ていきましょう。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

目次

参照論文情報

SkinGPTとは何ぞや?

ポケットに皮膚科医

皮膚の問題は、見た目の不快感だけでなく、重大な健康問題を示す可能性もあります。そのため、正確な診断が必要不可欠です。しかし、皮膚科医への診療を受けるまでには時間や距離、コストなどの障壁があります。
そこで登場するのが「SkinGPT」。この新たなAIツールは、あなたのスマートフォンがあなた専属の皮膚科医に変身する、とても便利なソフトウェアです。これにより、あなた自身が皮膚の状態をチェックし、初期診断を行うことが可能になります。

SkinGPTの仕組み

その仕組みはいたってシンプルです。
まずはあなたが皮膚の写真をアップロードします。

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP