Apple、3万文字の「手書き漢字」認識するAI技術を開発(論文)【AI×社会】

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

困難な漢字の手書き文字認識

近年、携帯電話やタブレット端末、スマートウォッチなどのウェアラブル機器の普及に伴い、オンラインでの手書き入力が普及しています。
キーボード入力は複雑な場合もあるため、手書き入力はユーザー体験を大幅に向上させることができます。

漢字の手書き文字の認識は、文字数が多いこともあり、非常に困難です。アルファベットの文字は通常、100程度の記号で構成されていますが、中国国家標準の標準的な手書き文字セットには、27,533個の文字記号が含まれています。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

漢字の手書き文字を認識する課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。AppleのYoussouf Chherawalaら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、MobileNetV2 CNNアーキテクチャと呼ばれるCNNモデルを用いて漢字の手書き文字認識タスクに取り組みました。

3万文字の手書き漢字認識

まずはYoussouf Chherawalaらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP