11ヵ国からCTスキャンデータ集める。「多様さ」に着目した臓器診断AI用データセットに【GitHub】

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

関連記事:MRI、CTなど5種類の画像に対応するAI画像認識ネットワークが公開【GitHub】

多様なCTスキャンの臓器セグメンテーションデータセットが登場しました!


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

背景

ディープラーニングの発展に伴い、臓器(肝臓、腎臓、脾臓など)の自動セグメンテーションは、最先端のSOTA手法により解決済みの問題であると考えられています。しかし、既存の臓器セグメンテーションのベンチマークデータの多くは1つの医療施設、病期、疾患例しか含まれていないことがあり、優れた性能をより多様なデータセットで一般化できない可能性があります。

南京大学は、AbdomenCT-1Kと呼ばれる大規模で多様なCTスキャンの臓器セグメンテーションデータセットを提案しています。

テクノロジー

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






ロッテノ

投稿者の過去記事

SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

業界/カテゴリー

PAGE TOP