様々な知覚タスクに対応するAIライブラリ、『PAZ』。これは一体なんなのか?【GitHub】

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

関連記事:「より簡単に画像処理」新AIライブラリ登場【GitHub】

複数の知覚タスクに対応したライブラリが登場しました!


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

背景

機械学習とコンピュータビジョンにおける現在の研究動向から、今後数年間の最先端モデルには微分可能なライブラリと深層学習が使用される可能性が高いと言えます。更に、ディープラーニングはインクリメンタルな学問に統合されており、ソフトウェアに対して小さな付加的な変更を加えていく必要があります。

ブレーメン大学のOctavio Arriagaらは、自律システムのための知覚ライブラリであるPAZ(Perception for Autonomous Systems)を提案しています。

テクノロジー

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






ロッテノ

投稿者の過去記事

SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

業界/カテゴリー

PAGE TOP