スマート工場をサイバー攻撃から守る為の『可視光通信』システムとは?(AI×セキュリティ)【論文】

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

どの業界でも、デジタル化に伴うセキュリティ対策を軽視してはならない。

課題:スマートファクトリーはセキュリティ面に難あり

今日、スマートファクトリー構想は急速に進展している。デジタル技術によってスマート化された工場は、生産性向上と不良率低下を大きく進歩させることが期待されている。しかし一方で、サイバー攻撃者にとっては、工場内のデジタル資産という攻撃対象の増加と、外界とのネットワーク接続による侵入経路の増加ということを意味する。

スマートファクトリーに関するセキュリティ研究は需要に直結するため、近年活発に行われている傾向にある。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

具体的には、どのような研究が行われているのだろうか。ここでは、韓国ソウルにある国民大学校のNguyen Cong Hoanら研究者らの研究を紹介したい。

研究者らは、スマートファクトリーのセキュリティ問題を、「可視光」を用いた最先端の通信手法によって解決しようと試みたのだった。

テーマ:可視光通信によるセキュリティシステムの構築

まずはNguyen Cong Hoanらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめた。

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP