「AIが自然に溶け込んだ世界」を創るために(AI×IoT)【論文】

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! 会員登録/ログインの上、マイページをご覧ください。
★コンサルティングサポート(調査・研修・開発支援)をご希望の方はお問合せください。

“環境知能”とは


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

Ambient intelligence(AmI / 環境知能)は、私たちが実際に生活している日常環境の情報を認識し、人々の活動を支援することを目的とした情報技術である。

環境に適切なAmIを提供するには、ソフトウェア要件の取得・指定・文書化に特に重点を置く必要がある。
しかし、様々な環境を理解してAmIのインタラクションデザイン*を行うためには、それぞれの専門家の協力や多大な時間が必要となる。

*インタラクションデザイン:
論理的に考え抜かれたシステム(組織)の「振る舞い」インタフェースのこと。

日本の研究者である落合陽一氏の提唱する「デジタルネイチャー」は今回のテーマである「環境知能」に類似した概念である。





メキシコにあるサンルイスポトシ自治大学のViridiana Silva-Rodríguezらは、ソフトウェア要件を分析する設計者をサポートし、インタラクションデザインの決定を支援するモデル(IDPatternM)を提案した。このモデルにより、要件と環境に適したデザインパターンの推論を59%の精度で出来ることがわかった。

適切なデザインパターンの推論が可能に

Viridiana Silva-Rodríguezら の研究のポイントは以下の通りだ。

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

業界/カテゴリー

PAGE TOP