「今、屋内にいるのにな…」スマホの位置を機械学習で正確に特定します(AI×IoT)【論文】

   
★AIDB会員限定Discordを開設いたしました! ログインの上、マイページをご覧ください。

★企業と人材のマッチングサービスを準備中です。アンケートのご協力をお願いいたします!↓

今、スマホはどの位置にいる?

スマートフォンなどの各種デバイスが屋内にいるか屋外にいるかを特定すること(I/O detection)は、干渉制御の改善や上層アプリケーションの提供において役に立つ。
例えば、GPS管理システムの使用するにあたり、高精度なI/O情報を活用することができれば、自動でGPS機能をオフにすることができるようになり、デバイスの電池を節約できるなどの恩恵がある。あるいは、より正確なナビシステムが利用できたり、恋人や家族間で位置共有するときに役立つ。
しかし、I/O情報は有用であるにも関わらず、こうした I/O detection についての研究報告は数が限られていた。


AIDBの全記事が読み放題のプレミアム会員登録はこちらから↓

韓国ソウルにあるKookmin UniversityのVanら研究者は、I/O detection研究が未発達であることに着目し、機械学習の分類技術と組み合わせたGPS信号を使って、屋内外の環境情報の特定するスキームを考案した。結果、97%の正確さで、デバイスのI/O情報を特定することができた。

機械学習とGPSと組み合わせて居場所を特定する

Vanらの研究のポイントは以下の通りだ。

本記事を読むにはAIDBのアカウントが必要です。
アカウントの作成は無料ですが、記事の閲覧は有料の場合があります。



※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。







■サポートのお願い
AIDBを便利だと思っていただけた方に、任意の金額でサポートしていただけますと幸いです。






業界/カテゴリー

PAGE TOP